ナリコーファーム沖縄

INTRODUCTION

環境にやさしく、持続可能な社会に貢献できる農作物を沖縄から発信しています。

ナリコーファーム沖縄は、ナリコーグループにおける SDGs (持続可能な開発目標)の達成に向けた取り組みの一つとして、2021年9月に沖縄県豊見城市でスタートしました。豊見城市は那覇空港から車で30分ほどの場所にありながら、昔から農業が盛んな地域。「ちゅらトマト」、「マンゴー」などの産地としても知られています。ナリコーファーム沖縄は、ナリコーCSR推進室が成蹊大学との共同研究をしてきた「早生桐(そうせいぎり)」の需要に備えて、温暖な豊見城市で苗栽培を行い、生産体制を構築。沖縄から全国へ、苗をお届けいたします。

NEWS

すべてを見る

BUSINESS CONTENT

早生桐をはじめ、様々なプレミアムフルーツを全国へお届けしたい。

環境問題の解決に貢献する新たな切り札として、世界的にも注目度の高い「早生桐」。ナリコーファーム沖縄は、早生桐の苗を温暖で農業の盛んな豊見城市で栽培することで、日本全国への安定供給を目指しています。2021年のスタートにも関わらず、早生桐の苗は元気に出荷待機中。環境問題のみならず、日本の林業、製造業といった様々な分野の産業の構造を大きく変える可能性がある早生桐の未来に、今から胸を躍らせています。今後は、早生桐の栽培にとどまらず、南国ならではのプレミアムなトロピカルフルーツを生産し、「ル・ポタジェ豊見城」というブランドで、まだ世に知られていない絶品フルーツを全国の食卓にお届けできる日を楽しみにしております。

CULTIVATION

5年で成木に!? 驚きの成長スピードを誇る「早生桐」。

ナリコーファーム沖縄が手掛ける早生桐は、海外で品種改良された桐の一種。スギやヒノキといった針葉樹は成木までに40から60年もの期間を必要としますが、桐はもともと成木まで20年くらいと成長スピードが早いことで知られています。しかし、この早生桐は幹周り1m(直径32cm)、高さ15から17mの成木になるまで、わずか5年。驚くべき成長スピードを誇ります。この早生桐の植林に関する研究を成蹊大学物質生命理工学科バイオエレクトロニクス研究室(鈴木誠一教授)との産学共同で、2020年よりスタート。ナリコーはビジネスの面で、成蹊大学は技術の面で目標を持ち、お互いにサポートし合っています。

二酸化炭素をどんどん吸収する「早生桐」に大きな期待。

植林されると3~5年で成木になる早生桐。注目すべきは、その成長スピードだけではなく、二酸化炭素吸収力。たとえば、日本の杉林は40年で1haあたり大気中のCO2を608t吸収するというデータがありますが※1、仮に早生桐が40年間で5年ごとに伐採を繰り返すと1万180tのCO2を吸収※2します。これは、16.7倍の吸収力。早生桐の成長スピードや二酸化炭素吸収力が、環境問題のみならず、林業や住宅産業などに好影響を与えるのではと期待されています。一方で、デリケートな苗栽培は関東での歩留まり率が悪かったのに対し、気候が温暖な沖縄では驚くべき歩留まり率と成長スピードを発揮。日本全国に安定した苗供給を実現できると期待されています。

※1 農林水産省白書より ※2 既往の文献の数値から推測

LE POTAGER TOMIGUSUKU

豊見城のプレミアムなトロピカルフルーツを全国に。

沖縄県豊見城市は、那覇空港から車で約30分という場所にも関わらず、昔から農業が盛んで「ちゅらトマト」、「マンゴー」などの産地としても知られる魅力的な土地。ナリコーファーム沖縄は「ル・ポタジェ豊見城」という地元ブランドを立ち上げ、豊見城で育ったプレミアムなトロピカルフルーツを全国にお届けするために、まだあまり知られていない様々な農産物のテスト栽培を積極的に行っています。

ACCESS

ナリコーファーム沖縄株式会社
〒903-0814
沖縄県那覇市首里崎山町2丁目13番地
お問い合わせ